こんな状態になったら外壁塗装しなければいけない

こんな状態になったら外壁塗装しなければいけない

家と作業員

定期的に必要だけど…

外壁塗装は定期的に行う必要がある家のメンテナンスです。しかし、定期的っていってもまだ見た目がきれいだし…と思うこともあるでしょう。そんなときは、どうやって判断すればいいかご紹介します。

ペンキ

排気ガスで外壁が暗くなる

千葉などがある日本は他の国よりも狭いので、排気ガスの影響で外壁が汚れやすくなっています。外からみて暗くなってきたなと思ったら、外壁塗装してきれいにしたほうがいいかもしれません。

模型

チョーキング現象が出る

チョーキング現象とは、外壁を触ったときに白い粉が手につくことです。これは、外壁が劣化している証拠なので塗り替えるタイミングとしてわかりやすいでしょう。

色見本

ひび割れを見つけた

ひび割れもチョーキング現象と同じく劣化している証拠です。ひび割れの場合、そこから雨水が浸入したり、シロアリなどの害虫が侵入したりするので外壁塗装したほうがよいでしょう。

放置するとどうなる?外壁塗装しない危険性

ペンキ
no.1

外壁から家が老朽化

ちょっとしたひび割れから老朽化を進行させていきます。そのため、放置をすればするほど進行していくでしょう。最も避けたいのが、この老朽化の進行になります。

no.2

害虫や害獣の被害

外壁がもろくなることで、害虫や害獣の被害を受けやすくなります。被害を受けると、対策をするまで止まることはないので、最悪倒壊の危険性もあるでしょう。

no.3

水漏れが起こりやすくなる

雨水による水漏れが起こりやすくなり、内観にも影響が出てきます。たかが雨漏りと思っている人もいるかと思いますが、雨漏りも放置をすればカビや腐食の被害が広がるので、健康にも建物自体にも良くありません。

広告募集中